柳川市のうなぎで有名な若松屋の値段は?予約方法はどうしたらいい?

元祖本吉屋うなぎのせいろ蒸し お食事

毎年、土用の丑の日には予約でいっぱいになってしまう柳川市の若松屋。

うなぎのせいろ蒸しの有名店です。

うなぎって高いんじゃない?値段はいくらするの?と行きたくても値段が気になってまだ行けていないという人も多いよう。

また、観光地である柳川市沖端商店街の中に位置しているので、夏だけでなく、予約しないと入れないこともあります。

そこでこの記事では、柳川市の若松屋のうなぎ料理のお値段、予約方法について詳しくご紹介していきます!


柳川市の若松屋のうなぎせいろ蒸しのお値段は?

柳川市のうなぎのせいろ蒸しは、一番安い値段が2765円で、一番高い値段の上鰻せいろ蒸し会席が4960円です。

若松屋のうなぎのお値段(2021年)は、次の通り。

メニュー値段
上鰻せいろ蒸し会席(うざく、鰻巻付き)4960円
上鰻せいろ蒸し3430円
鰻せいろ蒸し会席(うざく、鰻巻付き)4630円
鰻せいろ蒸し3100円
鰻せいろ蒸し(梅)会席(うざく、鰻巻付き)4295円
鰻せいろ蒸し(梅)2765円

ちなみにお持ち帰りのお値段は、店内で食べるよりも少しリーズナブルになります。

メニュー値段
上鰻せいろ蒸し3305円
鰻せいろ蒸し2980円
鰻せいろ蒸し(梅)2655円

席の予約方法は?混んでる時期はある?

柳川市の若松屋の予約は、電話のみです。

インターネットでの予約はできません。

柳川の若松屋のメニューは?うなぎのせいろ蒸し以外もある?

若松屋のメニューは、主にうなぎのせいろ蒸し、うなぎの蒲焼き、うなぎの素焼き、丼物、一品料理があります。

若松屋の主なメニュー
  • うなぎのせいろ蒸し(上・並・梅)
  • うなぎの蒲焼(松・竹/ミニ) 単品or会席
  • うなぎの素焼き(松・竹/ミニ) 単品or会席
  • 丼もの
  • 一品料理

せいろ蒸しは、上、並、梅の3種類。

それぞれ、せいろ蒸しのみの単品と、うざくと鰻巻がついた会席があります。

蒲焼と素焼には、松・竹とミニサイズがあり、松・竹には会席メニューも用意されています。

柳川市の若松屋のアクセス・駐車場は?

柳川の川下り

若松屋へのアクセスと駐車場については次のとおりです。

若松屋への電車・バスでのアクセスは?

福岡から西鉄柳川駅までは、特急で約1時間です。

西鉄柳川駅から若松屋へは、タクシーで10分ほどで到着します。

バスならば、柳川駅から西鉄バス(沖新線)に乗車。

御花前まで10分ほどバスに乗り、「御花前」バス停から徒歩5分ほどで若松屋につきますよ。

西鉄バスの沖新線は、日中には1時間におよそ1本の割合でバスが出ています。

車でのアクセスは?

福岡市内から柳川までは、九州高速道路を使って1時間ほどです。

みやま柳川ICで降り、柳川方面へ30分ほど走れば若松屋のある沖端商店街につきます。

若松屋の正面の通りは一方通行になっていますので、道路標識に気をつけて通行してくださいね♪

若松屋の駐車場はどうなってる?

柳川市の若松屋には、第一・第二の2つの駐車場があります。

第一駐車場は若松屋店舗右側にありますので、そちらが一番便利です。

もし第一駐車場が満車の場合は、少し歩きますが、第二駐車場を利用してください。

第二駐車場は、若松屋正面を通り過ぎ、突き当たりの交差点で小道を右に入ります。

数百メートル進むと、若松屋駐車場の看板がありますので、その道を右に入ってください。

突き当たりに、若松屋の第二駐車場があります。

第二駐車場からお店までは歩いて5分ほどです。

柳川市のうなぎで有名な若松屋の値段は?予約方法はどうしたらいい?のまとめ

柳川市の若松屋の値段は、一番安い梅の鰻せいろ蒸し単品で2765円。

一番値段が高いのは、うざくと鰻巻付きがついた上鰻せいろ蒸し会席で4960円でした。

予約はインターネットではできないので、電話して予約しましょう(^○^)

夏にはお客さんでいっぱいのことも多いので、早めに予約してくださいね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました